MENU

チャットレディーで稼ぐには事務所のスタッフさんのフォローが肝心です。

 

チャットレディーの仕事を私が始めるにあたり、この系統の仕事をしようと、スマホでいろいろ検索をしたりして、面接を受けにいくところまでは通常と同じだとおもうのですが、実は私の場合、一番最初に面接を受けにいったところを1回お断りして、結局他の2番目に面接を受けた事務所でお仕事をすることになったのです。

 

当初私が一番最初に面接を受けにいったところも決して悪くはなかったのですが、、、、なんでしょう?今となっては結果1番も2番もやることはおんなじなのですが話しの持ってこられ方の「切り口」がちがってたような気がしました。

 

1番目は人生発のチャットレディーという仕事を経験するにあたり、どきどき感も否めなかったのですが、まず、ある事務所に面談にいって、対応してくださったお兄さん。気さくで話しやすく、とてもこんなお仕事をするように思えないような方ではあったのですが、事務所が3LDKの都心の高級マンションの中にあり、そこがちょっと怖かったことと、、面接のための自己紹介欄、アンケートを記入するにあたり、血の気が引いたのはその内容です。

 

名前、住所、スリーサイズなどは仕方がないにしても、趣味、、まあこれは良いです。。。一番下段の欄に最後に貴女はキャバクラや風俗のお仕事とかに興味ありますか?とか書いてあり、あるひとはご紹介しますよ。。みたいな。

 

その背景でアダルトチャットの話をもってこられると、、、、ものすごくイメージがあやしく焼きついてしまい、一旦登録だけして後日お断りしました。

 

で、日をあらためて、試しに他の事務所にも行ってみようと考え、また別のエリアのある事務所に面接にいきました。ここは、、、事務所のドアを開けた瞬間、、、、、、ほんと、ふっつ〜の会社!!って感じのオフィスビルで、何人もの社員さんがパソコンとにらめっこをし、ひたすらキーを打っている。。。。というような・・・いわゆるほんとの「事務所」ってかんじでした。最初に面談に出てきたのは女性の方で、、、それも女同士なのに極めて言いにくい表現をはっきり言ってくるかんじ笑ただ、淡々と、、、「ビジネスできっちりやってますよ〜」って雰囲気で大手事務所らしく、システム化されてて、母体がきっちりしてる気がしました。

 

ライブチャットの指導にあたってきたのは、けっこうイケメンタイプのお兄さんでしたが、いたってやらしくなく、こういう必要性があるんだよ!って淡々と。。。。説明してくれたので、、こちらも割り切る決心ができた気がします。

 

みなさんも、面接に行かれる際、担当者、事務所の方針、スタッフさんの質ってこのお仕事にはかなり重要だとおもいます。管理者の手引きの仕方がわるいとチャトレが稼げたり稼げなかったりも大きいです。

 

言ってしまうと、ほとんどのサイトが「課金制により報酬発生」なので、男性に繋がらなければ彼らの利益もないわけです。もちろんチャットレディーもどちらも稼げないので、フォロー体制が甘い事務所に登録しちゃうと、はっきりいって損です。

 

業界のならわしなのでしょうが、ある事務所でスタッフIDをもらうと、別の事務所でその事務所が同じサイトを使用していた場合、チャトレさんは事務所の移籍が簡単にできません。アクセス数の高いサイトで仕事をしないと、はっきりいって稼げないので、事務所選びもチャトレさんには重要な要素を締めるわけです。

 

−概要-