MENU

アダルトチャットに重要なのは、会話よりエロパフォーマンスです。

 

さあ、ではいざ心の準備ができたら肝心なお仕事になるわけですが、単にアダルトチャットとはいえ、”Hな話をするだけで良いのか??”というとそんなに甘いものではないです。笑

 

アダルトチャットのリアルな事情を暴露しちゃいますと、アダルトチャットに出演する私たちチャトレのことを所属事務所さんでは「パフォーマー」と呼ばれます。つまり世の男性達のいわゆる「自慰行為(オナニー)」の最高のおかずになるべくエロパフォーマンスを提供する。

 

これが仕事ってことですね。おかずになる??え?脱がなきゃいけないの?って疑問がでてくるかとおもいますが、正直、裸を見せることに抵抗がある女子はこの仕事はきついかもしれません。

 

アダルトチャットは脱ぎは必ず避けることはできないです。じゃどの程度まで脱がなきゃいけないのか?というと、、、まあ、陰部の肝心なところは法律により見せられませんがそれ以外全部と考えてください。

 

最初不慣れな間は、男性会員が自分の部屋に入ってきたら、男性会員たちの「まずブラからはずして。。」など彼らの指示に沿うような形でやってあげれば、よっぽどのことがない限り、普通に課金はされていくはずです。

 

まあ、要するに男性方のオナニーのお相手をオンライン上でしてあげるってことですよね。私も、、最初、サンプルのある女性のパフォーマンス画像を見たとき、正直。

 

「ええ〜こんなことすんの???」って血の気が引いちゃいましたが、、、意外にやっていくうちにだんだんその気になってくるものなのと、おそらくよっぽどHが嫌いなひとでない限り、自分の中の秘めたエロ性と、もし、あなたが人妻でご主人と性生活がご無沙汰だったりすると、あなたの「女」な部分を男たちの前で吐き出すことができる、、、と考えると、夫婦生活のいらいら感が解消されたりもするかもしれません。

 

顔はだしたくなければ出さなくても大丈夫ですから。早い話、口下手な子でも、オナニーを自分でよくする。。って女子ならこの仕事はできちゃえるかも。会話能力よりこっちのが重要かもしれません。それも、ただ自慰行為をするってより、自分で悶々とあれこれ設定を想像できるひとなら向いてると言えます。